スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街中での生物・化学兵器テロを防ぎきる方法がないことは日本で立証ずみ

 

パリ同時テロを受け、フランスで過激派組織「イスラム国」が新たに生物・化学兵器を使ったテロ攻撃を実行することへの懸念が強まっている。
 仏政府は「リスク回避のため、あらゆる措置を講じている」(ルドリアン国防相)と強調するが、次々と不安材料も明らかになっている。



生物・化学テロの懸念強まる=「イスラム国」、兵器保有か―仏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000067-jij-eurp

…街中での生物・化学兵器テロを防ぎきる方法がないことは日本で立証ずみ

 そして、それを防ごうとすれば、
 街中のあらゆる場所で荷物チェック、ボディチェックを行う必要があり、
 その過程で、イスラム教徒が不当な扱いを受けることは避けられない。

 結果、テロリスト予備軍の増加につながる。

 この場合、フランス政権が不信で崩壊するより先に、
 ISILへの全面攻撃がなされるのが先だろう。
 
 そうして、世界は泥沼に陥っていく。
 いや、もともと世界は、泥沼だったのかもしれない。
 たまたま、20世紀後半が、相対的に平和だっただけだったのかも。

首都圏の転職なら、実績豊富な「@TYPE」

翔太の徒然日記
世の中やぶれかぶれ


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

despairmirai

Author:despairmirai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。